陰茎が太くないのは親ゆずり!?陰茎サイズは遺伝なのか!?

陰茎の太さは親からの遺伝で決まってしまうのでしょうか?

 

短小の陰茎で悩んでいる人は多いと思います。

 

そもそも、陰茎のサイズを決める要因は一体何でしょうか?
遺伝で決まってしまうとしたら、短小の人は諦めるしか無いのでしょうか?

 

陰茎のサイズを決める要因と、サイズを大きくすることが可能かどうか調べました。

 

 

 

遺伝は陰茎のサイズが決まる大きな要因
陰茎のサイズを決める要因として最も大きいのは、やはり遺伝です。

 

アジア人は背が小さい、欧米人は背が高いなどのように国によって身体の大きさが違います。
秋田県は美人が多い、九州の人は顔が濃い人が多いなど地域によっても違いがありますよね。
このように、陰茎のサイズも遺伝によっておおまかな大きさが決まるのです。

 

 

遺伝が原因の短小は大きくできるのか?
結論から言うと、大きくすることが可能です!
遺伝が原因で短小だとしても諦めてはいけません。

 

では、どのようにしてサイズを大きくするのか説明します。

 

 

遺伝が原因の短小をサイズアップさせる方法
遺伝が原因であっても後から大きくすることが可能です。
その方法は数種類あります。

 

1,手術
クリニックで手術をしてもらうことで陰茎を大きくする方法です。
手術が可能な健康な身体であれば、ほぼ誰でも確実に増大できます。
しかし、手術代が5万円から10万円と高額であり、失敗して痕が残ったり痛みが残る可能性があります。

 

 

2,サプリメント
陰茎を増大させるサプリメントを飲む方法です。
血流を良くして男性ホルモンを分泌させ、陰茎の成長を促します。
およそ1ヶ月に1万円程度必要で、効果が出るまで3ヶ月は必要になります。

 

 

3,増大器具
陰茎を増大させる器具を装着します。
たとえば、ポンプを陰茎に装着して空気の力で引っ張り、陰茎の形を矯正します。
その他にも、常時陰茎に装着する牽引器具もあります。
器具によって値段は様々ですが、数千円程度のものが主流です。
陰茎のサイズと合わないと効果がなかったり、無理に使用して血が出るなど怪我の恐れがあります。
自分に合った器具を見つけるのが難しいです。

 

 

 

遺伝の他には何で決まるか?
遺伝の他にも陰茎が短小になってしまう原因があります。

 

1,食生活
特に成長期に身体が大きくなるために必要な栄養素(タンパク質やカルシウム等)が不足している場合。
成長期後も新陳代謝に必要な栄養素になるので、食生活が乱れていると陰茎が小さくなります。

 

食べ過ぎで肥満の場合は、陰茎が脂肪に隠れてしまうので短小になります。

 

 

2,喫煙
タバコは血管を細くして血流を悪化させます。
血流が悪くなると勃起力が低下し、陰茎が縮こまってしまいます。

 

 

オナニーの方法
成長期にしていたオナニーの方法によっては短小になる可能性があります。
手で強く握ってしまうなど、陰茎に力をかけすぎる方法だと陰茎の成長を阻害します。
そのため、大人になった時に陰茎のサイズが短小になります。
また、激しく刺激の強いオナニーはセックスの時に感じにくくなり、遅漏や中折れの原因にもなります。

 

 

それぞれのサイズアップ方法

 

1,食生活の見直し
血液をサラサラにする食材を取り入れたり、身体を成長させる栄養をしっかり補給しましょう。
肥満体型の人は、カロリーを控えめにして体脂肪を減らしましょう。

 

2,禁煙
健康のため、陰茎のため、禁煙しましょう。
血流を良くして陰茎に血を送り込みやすくすることが大切です。

 

3,オナニーの方法を変える
力をかける激しいオナニーをやめるようにしましょう。
陰茎はデリケートな部分です。
優しく時間をかけてオナニーすることを心がけましょう。

 

 

今回は陰茎が短小になる原因の1つである遺伝と、そしてその他の原因を明らかにしました。
当てはまるという人はサイズアップ方法を参考にして、短小を卒業しましょう!

 

陰茎を太くする方法を紹介していますので参考にしてください!
陰茎を太くするのに一番効果のある方法は?
(当サイトのページに飛びます)